両親に温泉旅行をプレゼントしました!父の「自分の死」についての意見が意外だった。

高島です。

 
先日、両親の45回目の結婚記念日だったので
温泉旅行をプレゼントしてきました♨


外の景色を眺める両親(母70歳 父72歳)

 


1歳の孫と一緒に露天風呂に入って
父はご満悦でした

 


お風呂上がりに地の料理をいただきましたが
どれも美味しかったです♪

 


もちろん生ビールが無くては始まりません^^
(両親も僕もビールが大好き)

 

食後にロビーに行くと
ギターの弾き語りミニライブがあったので
少し見て、部屋に戻って両親と二次会で飲んでいました。

 

その時に父に
「死についてどう思っている?」

と聞いてみました。

 

僕の父は今年で72歳。

父は今までに救急車に5回も乗ることがあって
初めて乗った時は脳梗塞です。

同級生のお父さんでも亡くなる方が増えてきて
いよいよ他人事ではなくなってきました。

 
そんな事もあったので
本人に直接死について聞いてみたのです。

 
そしたら意外な回答をもらいました。

 

父「もし医者に
あなたの寿命は明日までです。
と言われても

わかりました。
とすぐに受け入れられるよ。

自分はもう十分に生きたし幸せ。

子供もできたし、孫もできた。
もうそれだけで十分。

もちろん死にたくはないんだけど
もし余命宣告されても受け入れられるよ。」

 

と、笑顔で言っていました。

これを聞いて意外でした。
なぜなら僕は死ぬのが凄く怖いからです。

でも父は自分の死がいつ来ても受け入れられると。

 
そういえば高齢の方に
インタビューをするテレビ番組で
高齢の方は揃って

「自分が死ぬのは怖くない。」

と言っていました。

 
素敵ですね。
 

僕の友人で仏教に詳しい人がいるのですが
彼いわく
「死を恐れるのは、まだ心が未熟な証拠」

と言っていました。

 
僕もあの世からお迎えがくる時には
父のような境地になっていたいものです。

 
ちなみに母にも同じ質問をしたら

母「私はまだ死にたくない!」

と言っていましたw
それもまたリアルですね。

 

 

そして翌日。

僕はいつも朝寝坊タイプなのですが
両親と妻が

「朝飯食いに行くぞー!起きろー!」

と張り切っていたので
部屋のテラスに付いていた露天風呂に入って
目を覚ましました。

凄い寝グセですね。(お湯はちょうどよい暑さでした)

 

朝食を食べた後
お昼に海鮮系が有名な市場に行って
海鮮丼を食べる。

「のどぐろの炙り丼」
のどぐろをどんぶりで書き込めるなんて贅沢!

 


妻は「サーモンとイクラ丼」をオーダー。
少しもらいましたが、こちらも美味しい!

 

他にもいろいろ寄り道して帰りました。

去年も両親に温泉旅行をプレゼントしましたが
これからは両親と頻繁に出かけたいなと思いました。

 

という事で以上です。
最後まで見ていただき
ありがとうございました。
(追伸も見てね)

 
もし少しでも面白ければ
応援クリックして下さると嬉しいです。

 

●LINE追加でスペシャル動画プレゼント

僕は後発組でずっと稼げなかったのですが
「アフィリエイト報酬」「コンテンツ販売」の報酬額が3000万円を超えました。

LINEに追加で
ここまで稼げた方法をまとめた動画を
無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら!

プレゼントを受け取る
(クリックしても見れなかったら終了しています)

 

 

●追伸

今回の旅はレンタカーで「ヴェルファイア」を借りてみました。
これぐらいの大きなサイズの車を24時間借りて
11,000円だったので凄くコスパが良い!

 
今回レンタルしてみて感じた
レンタカーのメリット


・車体本体価格が無い
・車検代がかからない
・駐車場を用意する必要がない
・車両保険に入る必要がない
・自動車税を払う必要がない
・スタッドレスタイヤを買わなくても良い
・タイヤ交換しなくていい
・タイヤ保管場所を確保しなくても良い
・オイル交換の必要がない
・レンタルするたびに最新の型に乗れる
・カーローンを組む必要がない
・用途に合わせて車のサイズを変えられる
・手元に残るお金が増える

など、メリットが大きいです。

車は相当な金食い虫ですし
これから車は無くても良いかなと思いました。

 

Twitterも毎日更新しています♪
(フォローお待ちしております)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です