両親と県内の温泉旅行に行ってきました♨

こんにちは高島です。

先日、両親と県内に温泉旅行に行ってきました。

 

コロナ禍という事もあり
県内のエリアに限定しましたが
地元だったとしても
自分が行っていない素敵な宿というのは
結構あります。

今回は両親が好きそうな宿を見つけたので
僕達夫婦、息子、両親の5人で行ってきました。

 

チェックイン後、スグ横のラウンジで抹茶とわらび餅でお出迎えされました。

 

普段パソコンばかり見ているので部屋からの川沿いの景色に癒やされます。

 


露天風呂もとても広くてこちらも景色が最高です。

 


父が息子を抱っこして一緒に露天風呂に浸かっています。(息子は写っていませんが…)

 


露天風呂は僕のパワースポットなので、モチベーションもアイディアも湧き出てくるので大好きです。

 


夕食時、景色を見る両親。

 


お食事処の窓の外には池があり、鯉が優雅に泳いでました。

 


まずはキンキンに冷えた生ビールで乾杯です。

 



前菜を口に入れた時に今日の献立の期待が高まります。

 


活きのいい「造りの盛り合わせ」とビール。最高の組み合わせ。

 


牡蠣とローストビーフ、これも美味しかった。

 


鮎の塩焼きです。鮎はお店によっては苦味を感じる事があるのですが、こちらは完璧でした。

 


〆のご飯。お腹いっぱいのはずなのにペロリと食べれちゃいました。

 

いくつか献立の写真を取り忘れましたが
ずっと幸せを感じる事ができる時間でした。

ビールも3杯飲んで
ほろ酔いで部屋で二次会です。
(両親と旅行に行ったらいつもこのパターン)

この宿は全フロアが畳なので
息子もニコニコしながら
裸足で駆け回っていました。

 

ちなみにホテル側はコロナ対策で
同居していない場合は
別々の部屋を予約しなければならないようです。
(1台の車で行っているのに笑)

なので
「同居してます!」
と偽ろうかと思ったのですが
身分証明書の住所が同じではない場合
同居とは認められない感じでした。
(HPにはそこまで書いてないので
人によってはフロントで揉めると思いました笑)

なのでコストが上がりますが
しぶしぶ別々の部屋を取ることにしました。
(結局お互いの部屋を行き来してましたが笑)

 

翌朝、いつもはお寝坊の僕ですが
朝の露天風呂に入りたかったので起きて父と出発。

前日と男湯と女湯が変わっているので
2パターン楽しめました。

翌日に男湯と女湯が入れ替わるのは
よくありますが
僕はいつも寝坊して朝に入れず
片方しか入れない事が多かったので
良かったです。

 

コロナ禍だったので近場ではありましたが
両親とも70歳を超えると
遠出は疲れるので
逆に良かったと感じました。

 

普段だったら

「せっかくの旅行だし
少し遠い所に行きたい!」

という気持ちになって
身近にある素敵な宿の存在を
知らないままになっていたかと思うと
もったいないと思いました。

 

ということで、今回の小旅行で
ブログのモチベーションが充電されて
今後やりたいことが頭で整理されました。

 

とりあえず近いうちにやることは
LINEのプレゼント動画を辞めます。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

 

もし少しでも面白ければ
応援クリックして下さると嬉しいです。

 

LINE友だち追加でスペシャル動画プレゼント(近々終了)

僕は後発組でずっと稼げなかったのですが
ブログの報酬額が3000万円を超えました。

LINEに友だち追加で
ここまで稼げた方法をまとめた動画を
無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら!

プレゼントを受け取る
(近々このプレゼントの配布は終了します)

 

追伸

翌日の朝食の時に
お食事処で僕は外の景色の動画を撮っていたら
後ろの席のオバちゃん2人組が

「離婚がぁ〜…」
「事故がぁ〜」
「入院がぁ〜」

と、ネガティブな言葉を
連発していました。

 

こちらは動画を撮っていたので
後から動画を見返した時に
そんなネガティブな言葉が混じっていると
気分が悪くなるので撮り直しました。

普段なにげなく口から出している言葉が
ネガティブな物ばかりだと
こんな素敵な宿、素敵な景色
素敵な食事を出されても
口からドロを吐き出しているようなものです。

対面している方だけでなく
近くにいた僕達にも聞こえていたので
周りにもドロをぶちまけていることに
なります。

テロですね笑

 

最後に僕のパソコン部屋の壁に貼り付けてある
マザー・テレサの言葉をお見せして
終わりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です