実はカンタン!読みやすくなる文章の書き方

こんにちは高島です。

今回は
「読みたくなる記事の書き方の書き方」

という話をします。

 

この短い記事を見ることであなたは
・ブログが最後まで読まれる
・ブログの読者さんが増える
・アクセス数が増える

というメリットがありますので
ぜひ最後まで見てみて下さい。

 

 

堅苦しいものは誰も見ない

僕は
「今日はどんなブログを書こうかな〜」

と思って
人気ブログランキングの中から
いろんな人のブログを見ながら
ネタを探したりする事があります。

 

いろんな人のブログを見ていると
多くの人がやってしまいがちな
悪い例というのは

「ガチガチの説明をしてしまう」

という記事です。

 

しっかり説明をしようと思えば思うほど
説明書っぽい文章になりがちです。

またはWikipediaっぽくなって
堅苦しい文章になるんですよね。

 

もしあなたが

「歴史を学ぼう!」

と思ったら
歴史の教科書よりも
「マンガで学べる〜」

という方が読みやすいですよね?

 

ブログを読む人は
もっとその傾向があります。

 

僕のブログを見に来てくれる人は

「お金稼ぎに興味がある!」

と思いながらも

「でもお金稼ぎの勉強をするのは
めんどくさいな〜」

という矛盾を持っています。

 

というか、僕を含め
人間なら誰でもそうです。

 

できるものなら
なるべくラクして稼ぎたいと思いますし
勉強しようと思ったとしても
なるべく頭を使いたくない。

専門用語や堅苦しい言葉は
見たくない。

 

いっその事

「情報量は少なくてもいいから
楽しく学びたい」

って思うのがは本心です。

 

特にブログ初心者の方だったり
真面目な方はガチガチの説明ブログに
なってしまう傾向にあります。

 

あんまり1記事に
情報を詰め込みすぎると
ついつい堅苦しい説明になりがちです。

なので情報を詰め込みすぎず
小学生でもわかるように
書くのがオススメです。

堅い文章で10個の事を伝えるよりも
わかりやすい文章で3個を伝える方が良いのです。

 

そういうのが
ブログには求められています。

そうすると一見さんの読者さんも
固定読者さんになってくれます。

この記事も実は文字数は
840文字程度です。

 

普通のブログの半分ぐらいなので
読みやすいのではないでしょうか?

書く方も書きやすいというメリットもあります。

 

ちなみにブログの文字数は
この文字数カウント
ってサイトで確認できますので
文字数を少なくして
読みやすい記事にしたい人は
参考にしてみて下さい。

それでは!

 

 

もしこの記事が
少しでも役に立てば
応援クリックして下さると嬉しいです。

 

 

 

僕が3000万円稼いだ方法をコッソリあなたに教える無料講座

正社員経験ゼロ、借金500万円の
底辺アルバイトだった僕。

ずっとブログで稼げなかったのに
ある事をしたらアフィリエイト報酬額が
3000万円を超えて、借金も完済できました。

どうして急に稼げるようになったのか?

その方法をあなたにコッソリ教える
無料講座を期間限定で初めました!

今なら19,800円で販売している
音声教材を無料プレゼントしています。

少しでも興味のある方は
こちらを見てみて下さい。

 

 

追伸

ちなみに僕は
ブログの記事をガチガチにしない為の工夫で

「ブログで稼げるようになりてー!」

のように
カギカッコでセリフ調にするのを多用しています。
(実はこの記事の本文だけでも8回も使っています)

 

8回って聞くと結構くどいと思われるかもしれませんが
文字を読んでいると結構自然なんじゃないかと思います。

参考にしてみて下さい。

 

 

●前回の記事

アフィリエイターが最強な5つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です