「稼げる人」と「稼げない人」の決定的な考え方の違いはコレ!

こんにちは高島です。

今回は
「稼げる人」「稼げない人」
決定的な考え方の違いについて
お話ししたいと思います。

 

あなたがこれからブログに限らず
ネットで稼いでいきたいと思っているなら
この記事を見ることで
自分が「稼げる考え方」なのか
「稼げない考え方」なのかがわかります。

なので、もし今のあなたが「稼げない考え方」だったとしても
この記事を見て改善することで
今後は稼げるようになりますので
ご安心下さい!

 

最近、知り合いのスナックのママから
「今までクビにしてきたスタッフの特徴」
を聞きました。

今までクビにしてきたスタッフは仕事を
「しょせんは副業」
という意識が透けて見えるとのことでした。

・遅刻してきても本業を言い訳にする
・接客中に酔いつぶれる

など、とにかく意識が低かったそうです。

 

これはブログも
まーーったく同じだなと思いました。

 

ネットビジネスをやりはじめる方は
「副業意識」でやってしまっている人が
とても多い業界です。

なので分からないことがあっても調べなかったり
ワードプレスを使わずに無料ブログにこだわったりと
ビジネス意識が低い傾向にあります。

なのでちょっとマジメにやった人なら
わりと稼げるフィールドになってしまっているのです。

 

インターネットビジネスというのは
大きな金額を自宅にいながら稼げます。

そんなことは普通はあり得ません!
なので僕はこの世界に強く憧れました。

 

最初から本業にするつもりで取り組んでいたので
教材購入、セミナー参加やコンサルへの申込みなど
積極的にやって稼げるようになりました。

 

誤解を恐れずに言います。

インターネットビジネスは
ラクして稼げます!

しかも大きな金額を。

これは紛れもない事実です。

 

会社員の方が朝から晩まで働いていいるなか
僕は1〜2時間ほどのパソコン作業で
会社員の方よりも大きな収入がもらえています。

出勤も退勤も嫌な人間関係も無く
休みも自由です。

ここだけを切り抜けば
ラクして稼いでいると言えるでしょう。

 

でもここまで来るまでは大変でした。

ラクして稼げるのは
ある程度の記事数を書いた人や
仕組み化が終わっている人です。

 

どんなビジネスも最初は大変です。

例えばAmazonのスタッフが
1日仕事をサボったぐらいでは
売上にほとんど影響は出ないでしょう。

なぜならもうAmazonは仕上がっているからです。
でも最初は大変だったはずです。

 

同じように僕もしばらく作業をサボったとしても
いきなり収入が下がるということはありません。

過去記事やメルマガ読者さんや
LINE読者さんがいてくれたり
自分の商品を持っているからです。

でも最初は1記事書くのも大変でしたし
わからない事だらけで頭が痛くなっていました。

 

でも自宅で数時間の作業で
大きな収入を得ている人達に
強いあこがれを持っていたので諦めませんでした。

つまり「本業としてやりたい」という感覚を強く持っていたので
稼げるようになったと自負しています。

逆に副業感覚でやっていたのでは
今でも稼げてなかったでしょう。

今のあなたは
・副業感覚でやっている
・本業にするつもりでやっている

どちらですか?

 

まとめ

もしあなたがこれからネットビジネスで
本気で稼ぎたいなら
「副業意識」は捨てて
「本業意識」でやって下さい。

その方が何倍も早いスピードで稼げて
稼げる金額も大きくなります。

 

普通の会社員を数年間がんばっても
月収を10万アップさせるのは難しいです。

でも会社にピンハネされず
利益が直接個人にそのまま入ってくる
ネットビジネスであれば
月に30万〜40万円稼ぐのは難しくありません。

そんな可能性のあるビジネスを
副業意識ではじめるのは本当にもったいないですよ。

 

逆にほとんどの人は副業意識でやっているので
あなたが本気を出せば稼げる可能性は高いです。

大変なのは最初だけと考えれば
頑張りがいもありますよね。

 

もし今日の話が少しでも面白ければ
応援クリックして下さると嬉しいです。

 

 

LINE友だち追加でスペシャル動画プレゼント(近々終了)

僕は後発組でずっと稼げなかったのですが
ブログの報酬額が3000万円を超えました。

LINEに友だち追加で
ここまで稼げた方法をまとめた動画を
無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら!

プレゼントを受け取る
(近々このプレゼントの配布は終了します)

 

 

追伸

ちなみにスナックのママが
今までスタッフをクビにしたエピソードの中で
僕がオモシロイと思ったのは

お客さんに「歌って!」とも言われてないのに
自分が歌いたい曲を勝手にカラオケに入れて
歌ったスタッフの話でした(笑)

 

 

●前回の記事
読書が苦手な人でも余裕で読破できる唯一の方法

 

●今回の記事の動画バージョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です