電動昇降デスク「FLEXISPOT(フレキシスポット)」ってどうなの?

 

高島です。

作業スペース周り
整っていますかー?

情報発信をやるには
いろんな物が必要になってきますが
その中でも今回は
デスクに焦点を当ててみます。

 

いろんなデスクがありますが

①大きな天板か、小さな天板か
②スタンディングデスクになるか、ならないか
③電動なのか、手動なのか

という事について
それぞれ解説していきます。

 

①大きな天板か、小さな天板か
天板は小さいよりも
大きいに越したことは有りません。

僕自身は
幅140cm×奥行き70cmのタイプを使っています。

 

僕が使っているパソコンの
ディスプレイが27インチなので
奥行きは70cmないと近すぎてしまいますが
小さいディスプレイの人なら
70cmも奥行きはいらないですね。

ここはパソコンのディスプレイサイズに合わせて
デスクサイズを選んで良いと思います。

デスクが広いと
・時計
・マイク
・外付けHDD
・ドリンク
・参考資料
(本など)

などが置きやすいというメリットがありますね。

 

②スタンディングデスクになるか、ならないか
今この記事も
スタンディング状態で書いていますが
長いデスクワークは実は身体に悪いです。
(喫煙よりも身体に悪いと聞きます)

 

副業の人で1日1〜2時間程度の作業時間でしたら
まだ良いかと思いますが
専業でデスクワークをやっている場合
可能ならスタンディングデスクで作業すると
より健康的かと思います。

 

ちなみに僕的には立って作業をする方が
クリエイティブになれるような気がします。

実際に「ロダンの考える人」のように
座っている状態よりも

歩きながら考え事をしている方が
良いアイディが出るというのは
科学的にも証明されています。

なのでメンタリストDaiGoさんは
ステッパー+スタンディングデスクを使って
作業したり読書したりしているそうです。

 

ステッパーまでは使わなくて
立っているだけでも
記事が思いつきやすくなるのは
実感としてありますね。

 

 

③電動なのか、手動なのか
クルクルと手で回して
高さを変えることができるタイプがあります。

電動に比べてかなり安いので
お手軽に導入したい方には良いと思います。

ただし、これは僕の予想ですが
絶対にめんどくさくなって
途中で使わなくなるんじゃないかと思います(笑)

 

こんな話があります。

あるお母さんが

「娘がなかなかピアノを弾かなくて困っている…」

と先生に相談しました。

 

先生は

「もしかしてピアノの鍵盤のフタを締めて
カバーをかけたりしてないですか?」

そのお母さんはピアノを大事にしていたので
フタをして立派なカバーをかけていたそうです。

 

ピアノを弾く時にカバーを外して
フタを開けるだけなら数秒でできます。

でも、そのたった数秒でも
人はめんどくさくなる生き物です。

 

実際に娘が帰ってくるタイミングで
ピアノカバーを外して、フタを開いた状態にしておくと
娘はピアノを弾くようになったとのこと。

 

これが昇降デスクの手動タイプだったら
面倒くささはピアノカバーやフタの比ではありません(笑)

せっかく昇降デスクを買っても
使わなければ一番損ですからね。

 

なので中途半端に導入するなら
僕は電動をオススメしたいです。

電動でしたら指1つで
自分が設定した高さに
すぐになります。

立ち疲れればすぐに
いつもの天板の高さにできるので
スタンディングデスクで効率が上る人は
電動を一度使うと手動には戻れないと思いますね。

 

ちなみに電動昇降デスクでいちばん有名なのは
FlexiSpotの電動昇降デスクです。

 

僕もFlexiSpotを使っていますが
有名YouTuberでも
使っている人は多いですね。

 

という事でデスク周りの環境を整えたい人は
参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

LINEで質問を募集していますので
こちらからお気軽に
あなたのご質問を聞かせて下さいね😊
(LINE追加でプレゼントもあります)

 

この動画が少しでもお役に立てば
応援クリックして下さると嬉しいです。

 

 

追伸

僕が初めてスタンディングデスクを使ったのは
マンガ喫茶でマンガ検索ができるパソコンが
スタンディングデスクで、使ってみると

「おっ、立っていると作業しやすいかも!」

と思ったのが初スタンディングデスクでした。

 

その時の使い心地が良かったので
その後にスタンディングでいろいろ調べてみると
良い事だらけなので導入してみたという感じですね。

壊れるようなものでもないので
長く使っていけると良いですね。

余談ですがお子さん用のデスクとして用意して
成長に合わせて高さを高くしていくというのも良いですね。

もちろんお子さんがスタンディングで
宿題をやるなどでも良さそうです。

 

 

19,800円の音声教材無料プレゼント

情報発信で稼げるようになる
19,800円の音声教材を無料プレゼントしています。

プレゼント内容は時期によって変わりますので
詳しくはこちらを今スグチェック!

 

 

●前回の記事

情報発信は何ヶ月で稼げるようになるのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。